このページの先頭です

目に違和感を感じる?気になるドライアイの症状と治療法

173views

投稿日:

ドライアイとは?

ドライアイの症状

 

目に違和感を感じたり疲れ目に悩まされるようになったら、ドライアイになっている可能性があります。

ドライアイの症状としては目が乾いて疲れ目だと感じたり、目に違和感を覚えることが多いです。

何かに集中しようと思うとしっかりと見ようとするので、瞬きの回数が少なくなります。

すると目をずっと酷使し続けることになりますし、目が乾くことによって疲れたと感じるようになります。

また目がかすんだりゴロゴロとした不快に感じることもあります。

目が乾くと涙の量が少なくなるので、目を保護する役割が低下してしまいます。

すると目の機能が低下することになるので、いろいろな症状や違和感が現れてくるのです。

目に違和感を感じたら、ドライアイの症状かもしれません。

ドライアイになる原因

 

疲れ目だと感じてきた時には既にドライアイになっている可能性があります。

人は目からたくさんの情報を得ているので、常に目は働き続けています。

その目を保護する役割があるのがです。

ドライアイは目が乾くことによって引き起こされる病気です。

目が乾いて涙の量が少なくなることで目の表面を保護することができずに、目の表面がダメージを受けてしまいます。

ドライアイが原因によって視力低下目の痛みなど、様々な目のトラブルを引き起こすきっかけとなってしまいます。

ドライアイになりやすい人の特徴

 

ドライアイは目の乾きによって引き起こされる病気ですが、普段の行動によって目が乾きやすい状況に陥っている可能性もあります。

ドライアイになりやすい人の特徴としては、ずっと乾燥した部屋に居続けている人がなりやすいです。

特にエアコンの風が直接当たる場所にいると、常に目に風が当たるので乾きやすくなります。

仕事でパソコンを使用する人はパソコン画面を凝視することが多いですし、細かい数字をチェックする時は集中します。

すると瞬きの回数も少なくなるので、目が乾きやすい状態となってしまいます。

パソコンを使う時に暗い部屋で使用するとパソコン画面の光の刺激が強く感じられ、目を酷使することになります。

ドライアイは寝不足などの症状でもなりやすいので、生活習慣によってドライアイになることも多いです。

普段からコンタクトレンズを使用している人は、使用していない人に比べて目が乾きやすくなります。

それぞれいろいろな状況によってドライアイになりやすいので、目が乾かないように対策をすることが大切です。

ドライアイ対策と治療方法

目が乾かないように意識してケアする

 

自分でできるドライアイ対策としては、意識的に目の乾きをケアすることしかできません。

目が乾く要因としては瞬きの回数が少なくなる事と、目に風が当たって乾きやすい状況になることです。

普段は意識していなくても瞬きはしますが、何かに集中すると瞬きの回数が減ってしまうので、意識的に瞬きをしましょう

またエアコンの風が直接当たらない場所に移動したり、部屋を加湿することも自分でできる対策のひとつです。

他には目の乾きをケアするために、目薬などを使用することが有効な手段となります。

目に違和感を覚えた時にはドライアイになっている可能性も高いので、普段から定期的に目の乾きをケアするように意識しましょう。

ドライアイ検査

 

ドライアイは目の表面が傷つく病気なので、病院に行ってしっかりと検査をして治療することをおすすめします。

治療の流れとしては普段の生活や目にどんな違和感があるなどの問診から始まります。

治療内容としては視力検査、目の表面の状態チェック、涙の質の検査などを行います。

症状によっては処方箋の目薬で改善することができるので、目に違和感を感じたら眼科に行って検査をしてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA