このページの先頭です

座り仕事の方は特に注意!ドライアイや疲れ目対策にアイケアを!

228views

投稿日:

目も使う分だけ疲れていきます

事務仕事などでひたすらパソコンに座っていると体が凝り固まったりするだけでなく、目にも疲れがやってきます。

そしてそんな疲れ目状態でいると見た目にも悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。

なんだか目つきが悪い、常に疲れて見えるなど目の周りが疲れて見えるだけで体全体の調子が悪く見えてしまったりします。

そんな疲れ目にならないために必要な対策方法を紹介します。

疲れ目やドライアイになる原因は

 

目の疲れ、いわゆる眼精疲労になる原因は様々なものがありますが、現代において一番多い原因はパソコンスマートフォンテレビなど電子機器の長時間使用です。

この電子機器の長時間の使用で疲れ目になるには実は幾つもの原因があるのです。まずはブルーライトです。

モニター等から出ている光は実はブルーライトと言い光の中でもかなりの強さを持った光なのです。

そのために目の奥、網膜まで到達し目に疲労感を与えてしまいます。次に同じ部分を常に見続けること、これも目に負担を掛ける作業です。

同じ部分を見続けるということは常にそこにピントを合わせようとします。

その間、常に目の筋肉は働き続けています。

そのためこれを続けているとドライアイ、そして眼精疲労になってしまいます。

眼疲労にならないためにしておきたいこと

 

眼精疲労にならないために必要なこと、それはやはり休息です。

眼を休ませるだけでなく体も休ませることにより無理なく作業に集中できるようになります。

1時間ほど画面を見た場合は数分でもいいので、周囲や遠くの景色を見るようにしてください。

これだけでも眼は休まり、眼精疲労の対策になります。

できる場合は蒸しタオルで眼を温めてあげるのも効果的です。

蒸しタオルは湿らせたタオルを電子レンジで温めてあげればすぐに作れます。

これを眼全体に覆うようにして当てましょう。

もし目が充血してしまっているという場合には温めるのではなく冷やすようにしましょう。

そして環境を整えるということも疲れ目対策には重要な事です。

意外に思うかもしれませんが、実は椅子や机の高さでも眼の疲労感は変わってくるのです。

もし低い椅子などで作業していて目が疲れるという場合は椅子を交換するなど環境を変えてみることも必要です。

眼のマッサージも効果的

 

目の周りのツボをマッサージすることもドライアイなどの対策になります。

疲れきった筋肉を解すように優しくマッサージしてあげましょう。

場所は目の周辺眉の辺りや目頭、そして目の少し下の骨の部分をこすらずに優しく押すようにマッサージしてあげましょう。

この時眼球を刺激することはやめておきましょう。

眼球はとても繊細な部分です。

力を入れて押したりすると網膜を痛めてしまい、最悪の場合は網膜剥離の原因になったりします。

あくまで眼球には触れないようにその周囲をマッサージするようにしてください。

無理せず休息を取ることが必要です。

ドライアイや疲れ目にならないためのアイケア方法などを紹介しました。

目にとって一番必要なことは休息です。

1時間、2時間作業をしたら数分は遠くを見るなど休憩時間を用意してあげましょう。

この休憩の際は遠くを見ようと思ってみるのではなく、ぼんやりと遠くを見つめるようにすると効果的です。

他にも疲れ目対策の目薬を用意しておくのも効果的ですね。

特に乾燥する季節などは目が乾き、見えにくく感じる時があります。

まばたきをするだけでも目は潤いますがそれだけでは足りない場合は目薬をさすようにしましょう。

目の疲労はそのままにしておくと表情が悪く見えたり、視力低下の原因になったりと悪影響が多くあります。疲労はしっかりと取るようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA