このページの先頭です

辛いドライアイを少しでも楽にしてくれる対策グッズまとめ

302views

投稿日:

ドライアイの原因と対策

ドライアイは、涙の量が少なくなったり、その質が低下して目が乾きやすくなったりする病気です。

その原因は年齢やストレスなどさまざまですが、近年ではパソコンやスマートフォンなどのモニターを見続けることによってまばたきの回数が低下し、ドライアイになりやすくなるケースも多くなっています。

特にデスクワークでこの症状に悩む人々が多いとされています。

ドライアイはその名前の通り目の乾燥を招きます。

通常は涙が目の乾燥を防いでいますが、ドライアイの場合は涙の分泌が減ったり、涙の成分のバランスが崩れて蒸発しやすくなったりすることでこの機能が低下するためです。

目が乾燥すると、疲れ目になりやすくなる·目の痛み·不快感·異物感などの症状をもたらします。

これらはすぐさま重大な目の障害につながるわけではありませんが、日常生活においては大きな負担となります。

目に違和感を感じたら眼科医にかかり治療を受けることが重要ですが、そうなる前に自主的に行えるドライアイ対策を行って予防することもまた大切です。

パソコンやスマートフォンなど日常的に目への負担の大きな生活をしている現代人にとって、アイケアによるドライアイ予防·対策はとても重要なことです。

幸いにもドライアイ対策のアイテム·グッズはさまざまな製品が販売されており、高い効果で手軽に続けられるものも少なくありません。

ドライアイ対策グッズまとめ

ホットアイマスク

 

ホットアイマスクは、アイマスクのように顔にあて、アイマスクから発せられる熱によって目の周辺の血行を促進するという仕組みの製品です。

疲れ目の解消やリラックス効果があるとして、アイケア用品でも人気のグッズです。

目の血行を促進することは老廃物の排出を促し疲れ目を解消する効果がありますが、同時に涙を分泌する組織のはたらきを活発にするという効果もあります。

また、涙の成分のひとつである油分を分泌する「マイボーム腺」を温めることで油分の詰まりを解消し、涙の質を正常に近づける効果も期待できます。

ホットアイマスクには使い捨てタイプや電子レンジで加熱する繰り返し使えるタイプ、USB接続で動く電気式のタイプなどさまざまな種類があります。

保湿メガネ

 

ドライアイの原因のひとつとして、乾燥した空間にいることが挙げられます。

保湿メガネはこの点を解消するグッズで、メガネのフレーム内部に水を入れる保湿タンクがあることを特徴としているメガネです。

目の周辺の湿度が低くなると、容器に開けられた穴から自然に水が蒸発し、加湿を行います。

これによって乾燥した部屋でも目の周辺には適度な水分が保たれ、涙の蒸発を防ぐという仕組みです。

加湿器

 

同じく乾燥への対策として加湿器が有効です。

冬場や夏場のエアコンによる乾燥は涙の蒸発と目の乾燥を招きます。

特にデスクワークの多い方は常に空調の効いた空間にいることも多くなりがちで、モニターを見続けてまばたきの回数が少なくなることも合わせるとこうしたドライアイ対策は必須といえます。

目薬

 

近年はドライアイの認知度が高まったこともあり、ドライアイ対策に適した目薬も数多く販売されています。

「ドライアイ用」として売られているものを買えばほとんど間違いはありませんが、特に「人工涙液タイプ」と呼ばれているものはヒトの涙と近い浸透圧に調整されていることから刺激が少ないという特徴を持ちます。

また、ヒアルロン酸が配合されたものは高い保湿効果によって目の乾燥を防ぐことができます。

目薬は涙の量と質を補うものとして有用ですが、使いすぎはドライアイに対して逆効果になることもあります。

用法と用量、注意点を守って使うことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA