このページの先頭です

アイケアは大事!きちんとすれば視力も回復する?!

318views

投稿日:

アイケアはしたほうが良い?

アイケアというのは必ずしなければいけないというものではないですが、アイケアをすることによって視力の低下を防ぐことができるものです。

視力というのはもともと良い人でも、脳が何らかのダメージを受けて視神経の伝達がうまくいかなくなったり、眼球が傷つくことによって視力が低下してしまうことがあるものです。

こうした脳の損傷や眼球へのダメージは何か病気や怪我をしない限りは大丈夫ですが、普通の人であっても同じ視力を維持していくのは難しく、いつの間にか視力が低下してしまっているということがあるものです。

それはなんとなく目がかすむ、視界がかすむなどといった症状で、自分で気が付くことも多いですが、学校や職場で視力検査をした時に判明するということもあるでしょう。

こうした徐々に視力が低下していくのは自分の生活習慣に問題があり、またアイケアをまったくしていないということが原因でもあります。

視力はいったん低下してしまうと元通りには戻らないことがほとんどですし、アイケアしないとどんどん低下してしまうことも考えられます。

アイケア事態にこれといった効果が見られなくても、アイケアは大事だということを意識することで目を大事にしなければいけないという意識も強くなるでしょう。

アイケアすることによって視力回復とまではいかなくても、現状維持することはできるものです。

いったん下がった視力を回復させることができる手術というのはありますが、視力を回復させるためのレーシック手術もリスクを伴いますから、目を大事にしたいのであれば日ごろのアイケアというのを心がけると良いでしょう。

アイケアの方法とは?

アイケアというとどういったことを行うのか具体的なことが分からないという人もいますが、疲れた目を休めたり、目薬をさすといった簡単なことでもアイケアになります。

また、デスクワークなどで長時間パソコンの画面や液晶画面を見ている状態が多いような人であれば、まめに画面から目を離し、遠くを見たり窓の外の景色を見て目を休めるようにもしましょう。

パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトは目に良くないですし、目を疲れさせます。

また、夜だとブルーライトによって目と脳が覚醒してしまいますから、眠れないようにもなってしまいます。

睡眠不足状態になると脳から目への神経の伝達にも影響しますし、しっかり脳と視神経が働かないことによって目も見えにくく疲れやすくなるでしょう。

ですから、常に液晶画面を見ている人であれば、せめて寝る数時間前は目を液晶画面から離すようにもしましょう。

そして疲れ目にならないようにすることと、ドライアイにならないようにするために目薬も用意しておくと良いです。

ドライアイや疲れ目になってしまうのは目が乾いてしまっているからですが、こうした目の渇きが生じてしまうのは、液晶画面を見続けることで、無意識に瞬きをしないようになっているからです。

本来瞬きというのは無意識でもしっかりとできているものですから、瞬きの回数など意識しなくてもドライアイにはなっていないことがほとんどです。

ですが液晶画面を見ながら作業をしていたり、ゲームに夢中になっていると全く瞬きをしていない状態にもなりやすいので、それが疲れ目やドライアイになってしまうきっかけになります。

対策としては継続して見続けないことと、瞬きを意識すること、目薬を使うことなどがあるので、アイケアグッズもチェックしてみましょう。

疲れたら休む、をモットーに

アイケアは自分の心がけ一つでできるので、対策のために特別なグッズは購入しなくてもできます。

目が疲れたら休ませる、をモットーにすれば、自然とアイケアができることも多いでしょう。

疲れたら数秒目を閉じてもアイケアになります。

デスクワークの人やオフィスで作業をしている人であれば、ドライアイや疲れ目になっていると感じたらトイレに行って、トイレで数分目を閉じてみても良いでしょう。

トイレであれば個室があるので、目をしっかり閉じていても周囲から不自然に思われることもありませんし、休まるでしょう。

また、頻繁に席を立つことができないという人であれば、自分のパソコン画面の横に綺麗な景色の写真を張り付けておくのも良いです。

癒しになりますし、パソコンの作業をやりながら自然に視界を別のところに移すこともできて良いです。

そして景色の写真も頻繁に変えれば、仕事中のさり気ない気分転換にもなって良いでしょう。

目が疲れている時、スマートフォンやテレビを見るのをやめることでドライアイを解決させようとする人もいますが、そうすると自分の時間が退屈になってしまうため、今度は読書や漫画などに没頭する人もいます。

ですが本であっても長時間であれば目を疲れさせてしまうことになるので、読書などの本に変更することは対策にはならないでしょう。

疲れ目やドライアイの対策としては目を休めることが一番なので、暗い部屋で目を使わないようにしたり、目を疲れさせるような作業は一切取り除いたほうが良いでしょう。

目が疲れている時は脳も一緒に休ませるために早く寝てしまうというのも良い方法です。

アイケアは生活習慣に

アイケアも、やらなければいけないというような義務になってしまうと続けるのが苦痛になってしまうこともあるものです。

ですから生活習慣にすると良いでしょう。朝顔を洗った後は流れ的にスキンケアの後にメイクをする人も多いですが、同じように目のマッサージなども取り入れていくと良いです。

また、目に良いとされるブルーベリーやラズベリーなどのベリー類はヨーグルトやスムージーなどとの相性も良いので使いやすいです。

冷凍保存されているものを利用すれば夏でもヨーグルトに混ぜてシャリシャリとした心地よい感触を楽しむこともできますし、美味しくアイケアをすることできるでしょう。

また、目薬も自分にあったものをバックに入れて通勤すれば、疲れた時にすぐに目薬をさすことでアイケアをすることができます。

ですが、目薬はドライアイの対策として使う人も多いですが、たくさんの種類が販売されているのでどれを選んだら良いのかがわからないようなこともあるでしょう。

そういった時は眼科に行って自分に合う目薬を処方してもらうというのも良いです。

目薬も自己判断で勝手に選んで目に合わないと目にとって良くないですし、痒みや痛みが生じることで腫れてしまうこともあります。

目は顔の中でもとても目立つ部分ですし、一時的にでも見えなくなると精神的な負担も大きくなってしまうものです。

ですから、そうならないようにするためにも、安全に使える目薬かどうかは眼科の指示を仰ぐようにもしましょう。

特に女性の場合は一時的にも目の周囲が腫れるとメイクをする気も失せますし、美容にも意欲が沸かなくなるものです。

アイケアできる製品はたくさんありますが、ブルーライトを遮るPC眼鏡も含め、きちんと自分にあったものを使うようにしましょう。

値段が高くなくても快適に使えるアイケアグッズというのはあるものですし、目を大事にできるような生活習慣も取り入れるようにしていくと良いでしょう。

また、早寝早起きも目を悪くさせない生活リズムを作るにはとても大事なことになってくるでしょう。

夜よりも朝の活動を大事にするようにしても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA