このページの先頭です

あなたの目、疲れたままになっていませんか?

220views

投稿日:

原因を知らずしてトラブル解消はありえない

便利な道具が生活に欠かせなくなった現代人にとって、疲れ目とは切っても切れない仲になってしまいました。

目が疲れると眼球だけではなく、全身にまで悪い影響が出てしまいます。

主な原因としては、パソコンやスマートフォンを長時間使用することにより目を酷使する事。

気が付けば何時間も使用しているものなので気付きにくいかもしれませんが、画面を集中して見ていると瞬きの回数が極端に減り、目の表面が乾く事や、目の筋肉が固定され、疲労する事によって疲れ目を引き起こします。

疲れ目を感じている人の約6割はドライアイを発症しているとされ、仕事でパソコンを使う人、移動時にスマートフォンをジッと見ている人は特に注意しなければなりません。

また、これらが原因の他にも注意しなければいけない事はたくさんあります。

夏や冬には冷暖房があると非常に快適ですが、送られてくる風によって目が乾燥し、ダメージを与えてしまう事があるので、風向を調整するなどの対策が必要です。

そして、老化も原因になる事があり、老化による涙の分泌量の減少や、質の劣化で目が十分に保護されずダメージを負ってしまいます。

また、コンタクトレンズも原因となっており、視力を矯正する物ですが、同時に目を疲れさせ傷つけるでもあり、少しでも違和感を感じたら装用を中止した方が賢明です。

このように、便利の裏には必ずと言っていい程リスクが潜んでおり、しっかりと危険性を知らなければいけません。

更に、これらの事に当てはまらない人でも安心はできません。

なぜならストレスも疲れ目やドライアイの原因となるからです。

日常生活を送る上でストレスを受けない人はまずいません。

ですから、いかに意識をしてこれらの原因を減らしていくかが目の健康を保つ鍵となります。

今日から始める一人で簡単アイケア

目のケアと言ってパッと思い浮かぶ事は、やはり寝ることや、目を閉じて休憩する事です。

基本的な事ですが、できていない人が多いのではないでしょうか。

仕事で帰りが遅くなった時などは、十分な睡眠がとれず、疲れが抜けないまま次の日も仕事となっては目に良い訳がありません。

理想的な睡眠時間は人によって様々ですが、7時間くらいは寝るように心がけた方が良いです。

また、布団に入る2時間前にはパソコンやスマートフォンの使用を止め、ストレッチをして気分を落ち着けると質の良い睡眠がとれます。

そして、長時間パソコンやスマートフォンを使用する時は、1時間に10分は休憩するようにしましょう。

休憩の際、その場ですぐにできる目のストレッチがあります。

ストレッチをすることで、目の周りにある眼輪筋という筋肉を刺激できるので、非常に気持ちが良く、疲れ目やドライアイに効果があり、目の下にできるクマも解消できます。

ストレッチの方法としては、目を5秒ほどギュッと閉じた後に5秒ほど思いっきり目を開ける、目を上下左右に動かす、目を八の字にグルグル回すなどがあり、いずれも数秒あればできるので非常にお手軽です。

目に良い事はこれだけではなく、食べ物やサプリなど、内側からの改善方法も知っておきましょう。

まず、目に良い食べ物と言えばやはりブルーベリーです。

アントシアニンという成分が目の血管を強化し、血流がよくなるので目が疲れにくくなり、疲れても回復が早くなります。

他にもビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEが目に良いとされ、食べ物から摂るのが辛ければサプリから補給しましょう。

いかがでしたでしょうか、このように目のトラブルに関する原因と対策はたくさんあり、自分で原因を突き止め、自分に合った方法で対策していく事が重要です。

いくらケアしても調子が悪い時は無理をせず、素直に病院へいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA