このページの先頭です

間違ったアイケアで症状が悪化?!正しいアイケアを徹底解説

227views

投稿日:

間違ったアイケア

目薬をたくさん使う

 

目薬も薬の一種なので、用法や用量が決められています。

1時間に1回ほどのペースで目薬を使用する方がいますが、点眼のペースが早すぎると資質やムチン、タンパク質といった涙によって運ばれてくる眼球の保湿成分が洗い流されてしまいます

そして目の保湿能力が低下するとドライアイを発症したり、その症状が悪化する場合があります。

そして目の疲れを感じるからといって安易に目薬をたくさん使うと、様々な副作用を発症する可能性があります。

たとえば充血に効く目薬には血管収縮剤が含まれていますが、症状が切れると反動で充血が悪化する場合があります。

そのため目薬を多用すると慢性結膜炎を発症する可能性があります。

その他にも目薬の使用頻度が多すぎると様々な目のトラブルを発症する可能性があるので、正しい用法や用量を守ることが大切です。

目を水道水で濡らす

 

水道水で目を洗浄したり、目の乾燥を改善しようとする方がいますが、これは間違った対策方法です。

そのため、これが原因で様々な目のトラブルを発症する可能性があります。

涙の中には水分以外にもムチンや油などの成分が含まれており、これらが目を保護したり黴菌から目を守る役割を担っています。

しかし、水道水で目を洗うとこれらの成分が洗い落とされるため、ドライアイや慢性結膜炎を発症したり、感染症にかかりやすくなったりします。

そのため、プールの使用後などの特別な状況で水道水を使って簡単に目の汚れを落とすぶんには問題ありませんが、日常的に水道水を使って目を洗浄したり湿らせたりするのは避けましょう。

目を強くマッサージする

 

目の疲れを感じた際に、手のひらや指先を使って眼球をまぶたの上から強くマッサージする方がいますが、これは非常に危ない間違った対策方法です。

この方法が原因で角膜が変形する円錐角膜網膜剥離などを発症する場合があります。

正しいアイケア

疲れ目

 

発症すると目の奥に痛みが生じたり、目のピントが合いにくいといった症状が現れます。

主に疲れ目は目を酷使した際に発症する症状です。

また、近視や老眼などを放置したり、メガネやコンタクトレンズの度数が合っていない場合にも目の疲労が蓄積して発症する場合があります。

症状を改善するには目の周辺を温めて血行を促進する必要があります。

お湯で濡らしたタオルやレンジで温めたタオルを目の上に乗せて温めることで症状を改善することができます。

また、ストレッチを行って固くなった眼球周辺の筋肉をほぐすことでも疲れ目の症状を改善できます。

強く目を閉じたあとに大きく目を開く動作を数度繰り返した後、眼球をゆっくりと上下左右に動かします。

この動作を数セット行うことで、眼球周辺の筋肉のこりをほぐして血行を改善できます。

ドライアイ

 

ドライアイは目の乾きが原因で物がぼやけて見えたり、目の前がチカチカする症状です。

また、涙が止まらなくなったり視力が低下するなど、ドライアイが進行すると様々な症状を発症します。

ドライアイを発症する主な原因はスマホやパソコン、テレビなどの見すぎです。

これらを見ている間はまばたきの回数が減るため、目が乾燥しやすい状態になります。

また、エアコンや除湿機の使用が原因で室内の空気が乾燥している場合もドライアイを発症しやすくなります。

そのため加湿器を使用して室内の湿度を上げることで、ドライアイの発症や症状の進行を防げます。

そしてスマホやパソコン、テレビなどを見るときに意識的にまばたきを増やすことで、眼球を涙で湿らせてドライアイを防げます。

またスマホやパソコン、テレビのバックライトに使われるLEDの放つブルーライトがドライアイを発症させる原因になるので、ブルーライトをカットするフィルターやメガネを使用することでドライアイの発症や進行を防げます。

栄養補給

 

目のトラブル対策には、目の健康維持に役立つ栄養分の摂取が効果的です。

人参やブロッコリー、チーズなどに多く含まれるビタミンAを摂取することで、ドライアイや夜盲症(やもうしょう)を改善する効果が得られます。

そして、ビタミンBには視神経を活性化する作用があるので、豚肉や納豆、牛乳などのビタミンB群を豊富に含む食品を摂取することで、目の粘膜を保護したり細胞の再生を促進する効果が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA