このページの先頭です

目に違和感を感じる!疲れ目とドライアイの症状と対策!

156views

投稿日:

疲れ目の原因とドライアイの症状

疲れ目の原因と目への影響

 

日常生活の中でふと目が疲れたと感じることがありますが、疲れ目の原因は目を使い過ぎていることが主な原因となります。

目は常に多くの情報をキャッチしていますが、自然と見たいと思うものに目の焦点が合います。

これは目のピントを調節する毛様体筋が働いていることによって、自然と見たいものにピントが合うようになっています。

目を酷使することで毛様体筋がずっと緊張した状態となるので、筋肉が疲れてしまい疲れ目になるのです。

筋肉疲労を起こすことで目が疲れたと感じますが、目が乾いた状態となるとさらに毛様体筋を酷使することになります。

疲れ目だと感じた時は意識的に目を休めるなど、目をケアすることが大切です。

ドライアイの症状と対策

 

ドライアイは目が乾くことによって目の表面がダメージを受ける病気です。

目が乾く状態とは涙の量が少なくなることで、本来ならば目を涙が保護する形で守っています。

この涙の量が少なくなることで目の表面が乾いてしまい、傷つきやすくなってしまうのです。

ドライアイの症状は目がかすんで見えたり違和感を感じるなどの症状が多いです。

普段から疲れ目だと感じる人は、ドライアイになっている可能性があるので注意しましょう。

目の乾きによる目への影響

 

目の乾きによる影響としては、涙の量が少なくなることでドライアイになる可能性が高くなることです。

また症状のひとつに疲れ目になりやすいことがありますが、涙の量が少なくなることによって目を酷使することが原因となります。

目のピントを合わせてくれる毛様体筋という筋肉は、目が涙で潤っているからこそ正常にピントを合わせることができます。

しかし目が乾いて涙の量が少なくなると、目の表面に潤いがなくなりデコボコした状態となります。

目の表面がデコボコしていては正常にピントを合わせることができませんが、それでも頑張ってピントを合わせようと頑張ります。

目が乾くと無理にでもピントを合わせようとするので、普段以上に目を酷使してしまうのです。

目の乾きは目に大きな影響を与えることが多いので、普段のケアをしっかりすることが大切になります。

自分でできる疲れ目対策

血行を良くしてリラックスする

 

疲れ目対策として自分でできることは、目の周りを温めることで血行を良くし目をリラックスさせることです。

目を温める方法としては蒸しタオルを使います。蒸しタオルは目の周りをゆっくり温めることができますし、目を閉じるのでゆっくり目を休めることもできます。

リラックスすることによって目だけでなく、肩こりや腰痛などにも効果があります。

普段からパソコンを使っている人は疲れ目だけでなく、肩こりや腰痛に悩まされることもあります。

体がリラックスすると余計な力も入らないので、目の疲れだけでなく体のケアをすることもできます。

目薬を使って目の保湿をケア

 

目が疲れてきたと感じた時は目薬を使うことによって疲れ目対策をすることができます。

目が乾くことによる悪影響は多いですが、目薬によって目に潤いを与えることができるのでケアすることができます。

しかも目薬には目の機能を回復する成分も入っているので、効果的に目をケアすることができます。

疲れ目やドライアイ対策として、定期的に目薬を使用することで効果を発揮します。

目に負担をかけないように意識する

 

普段から目に負担をかけないように意識することが大切です。

意識的に瞬きをしたり長時間画面を見続けないようにするなど、普段の生活の中でちょっと意識するだけでも疲れ目対策をすることができます。

目は常に多くの情報を得ようと働いているので、できるだけ普段からリラックスすることを意識してケアすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA