このページの先頭です

これってドライアイ?簡単にできる疲れ目とドライアイ対策

197views

投稿日:

疲れ目の原因と対策

疲れ目になる原因

 

普段から目を酷使していると疲れ目になりやすいですが、自分では目を酷使している意識はありません。

目を酷使する原因のひとつとして、目の焦点を合わせるピント機能が関係しています。

物を見る時に近くの物と遠くの物ではピントが違いますが、自然と見たい所にピントが合うように調整されています。

これは目の中でピントを合わせるために動く筋肉があり、この筋肉の働きによってピントを調節しているのです。

このピントを合わせる時に重要なのが目の潤いですが、普段は涙によって目が潤っているのでピントもしっかり合わせられます。

しかし目が乾いてしまうとピントが上手く合わせられなくなってしまいますが、それでも脳が無理にでもピントを合わせようとするので目が疲れてしまうのです。

疲れ目と目の乾きには密接な関係があるので、目を乾かさないことが疲れ目対策となります。

疲れ目と瞬きの関係

 

目が乾いてしまうと疲れ目になりやすいですが、瞬きをすることで目の乾きをケアすることができます。

瞬きの回数が少なくなると目が乾いた状態が続いてしまいますが、瞬きをすることで涙によって目が潤います。

慢性的に目が乾いた状態が続くと目のピントが合わせにくくなるので、疲れ目やドライアイになることもあります。

瞬きが少なくなると目の乾きが加速するので、疲れ目やドライアイになりやすいので注意が必要です。

簡単にできる疲れ目対策

 

少し目が疲れたと感じた時は、疲れ目対策として目を休めることが大切です。

蒸しタオルを使って目を温めると、血行が良くなってリラックスすることができます。

また目薬を使用すれば目の潤いをキープすることができますし、目に優しい成分が配合させているので疲れ目対策としてもおすすめできます。

疲れ目だと感じた時にはドライアイになっている可能性もあるので、無理をせずにしっかりとケアすることが大切です。

目に違和感を感じたらドライアイかも?

ドライアイの症状

 

目に違和感を感じるようになったらドライアイになっている可能性があるので、しっかりとケアすることが大切です。

ドライアイの症状としては目の乾き、疲れ目、目がかすんで見えるなどの症状が出ます。

普段から仕事で疲れたりすると目が疲れることもありますが、いつものことだと思って放置しておくと目に負担となってしまうので注意が必要です。

ドライアイの症状かもしれないと感じた時には、自分でケアをするか眼科に行って検査をしてもらいましょう。

ドライアイになりやすい人とは?

 

ドライアイは普段の生活習慣からなりやすい人がいるので、目をケアするためにも改善することが必要です。

ドライアイになりやすい人は、長時間パソコンを使用する人、生活習慣が乱れている人、乾燥した部屋で作業したりエアコンの風が当たっている人、加齢、コンタクトを使用している人など、様々な要因でドライアイになることがあります。

一概に何がきっかけでドライアイになるのかは難しいですが、目に違和感を感じた時にこれらの症状が当てはまったら、自分なりに改善するようにしましょう。

ドライアイを治す方法

 

ドライアイの治し方として自分でケアをするなら、目が乾かないように意識することが大切です。

目薬を使用したりドライアイになりやすい症状を意識して、生活習慣を見直すことで対策できます。

ドライアイは乾きによって目の表面が傷つく病気なので、できれば眼科に行って検査をすることが望ましいです。

検査も簡単にできますし、症状が軽ければ処方箋の目薬で様子を見ることもあります。

いずれにしてもドライアイの対策としては普段の生活習慣を改善することが必要となるので、普段から目のケアを意識しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA