このページの先頭です

目が痛い! パソコンやスマホの使い過ぎ? 今すぐできる解消法

705views

投稿日:

仕事や趣味でパソコン、スマホを使う時間が多い方の中には目の痛みを感じていると答える方が少なくありません。

そこで、目の痛み、不調を感じたときにこれを試してほしいという解消法をご紹介します。

毎日の生活にぜひ取り入れてみましょう。

○パソコンはスマホを調整してみる

パソコンやスマホは画面の明るさを調整できます。

画面が明るいほうが見やすいという方もいますが、明るければ明るいほど目に大きな負担をかけてしまいます。

もちろん暗すぎると文字や画像が見えにくくなりますから、光度は半分ぐらいに設定してください。

ディスクトップの壁紙の色もあまり明るくしないほうがいいでしょう。

自分の感覚が鈍っている可能性もあるので、あくまでも半分の目安を基準にしてください。

液晶から発せられるブルーライトが目に大きな負担をかけているという話を聞いたことがある方もいると思いますが、直接画面を見ることで強い痛みや不快感があるわけではないため気にしない方も少なくありません。

ブルーライトが原因で目の疲れやドライアイなどを引き起こしてしまうので、ブルーライトをカットしてみましょう。

方法は簡単です。

液晶部分にブルーライトカット出来るシートを貼るだけです。値段もそれほど高くないので今すぐ始められる調整法です。

○日常生活に取り入れたいこと

やはり長時間画面を見続けていることが大きな負担になりますから、時々休憩時間を設けてください。

仕事やゲームなどに夢中になるとうっかり忘れてしまいますが、それではドライアイの症状が悪化する一方です。

仕事中ならわざわざ席を立たなくても、ドライアイ用の目薬を差してそっと目を閉じるだけでもだいぶ違います。

これを意識的に取り入れることで、目の潤いが保たれるのでドライアイの症状は改善されるでしょう。

目薬を引き出しやポケットに入れておくと忘れがちなので、ディスクの上の視界に入る範囲に置いておくといいかもしれません。

また、ブルーライトカットしてくれる眼鏡を使うこともぜひおすすめします。

眼鏡屋さんに行けば売っていますし、眼鏡屋さんがネットショップを運営していれば通販も可能です。

お手頃価格で買えますから、この機会にひとつ用意してはいかがでしょうか。もちろん度入りも度なしも両方そろっています。

○症状が悪化する前に病院へ

スマホやパソコンの画面を調整したり、日常生活でやれることはやってみたけれど症状が改善されないという方もいるでしょう。

それは症状がすでに悪化している証拠かもしれません。

こうなると自分で改善させることは難しいので、出来るだけ早めに病院で診察を受けてください。

特に症状の悪化を感じるのは「痛み」だと言われています。

目の表面的な痛みと、目の奥が痛む症状、大きく分けてこの二つがあります。

ドライアイの症状は目の表面の痛みで、マツ毛やゴミが張ったようにゴロゴロしたり、痛みがしみるという方もいます。

また、ドライアイだと思っていたら逆さマツ毛だったと、診察を受けて初めて分かった方もいるようです。

どちらにしても早く診察を受けることでダメージを広げないようにすることが大事でしょう。

目の痛みを感じる場合、痛くて目が開けられなくなったという方もいますから、安易に考えず症状が軽いうちに診察を受けることをおすすめします。

また、目の奥に痛みを感じた場合も自己判断は難しいので同じように眼科で診察を受けることもおすすめします。

病名がはっきりすることに恐怖を覚える方もいますが、何事も早めに行動することで症状の悪化を防ぐことが出来ることをぜひ覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA