このページの先頭です

目に違和感を感じやすい!疲れ目とドライアイをケアする方法!

214views

投稿日:

目に違和感を感じる原因

疲れ目の原因とは?

 

長時間パソコンを使用したり集中し続けていると、目が疲れたと感じることがあります。

疲れ目は目を普段以上に酷使することで生じますが、基本的には目の表面が乾くことで疲れたと感じます

原因としては瞬きの回数が少なくなったり、エアコンの風によって目が乾きやすい状態となります。

目が乾くと本来ピントを合わせるための調節機能が上手く働かなくなり、目が疲れやすくなります。

目の乾燥による悪影響は多いので、目の表面が乾かないようにすることが大切です。

ドライアイの症状と原因

 

ドライアイは目が乾くことによって目の表面がダメージを受ける病気です。

ドライアイは目が乾くことによって目が疲れやすくなるなど、目に違和感を感じるようになります。

ドライアイによって目には多くの悪影響を与えるので、目に違和感を感じた時には早めにケアすることが大切です。

ドライアイ対策をしないと目に違和感を感じたままだけでなく、目がダメージを受けた状態が続くことになるので、様々な悪影響が出る可能性が高くなります。

目がかすんで視力にも影響したり疲れやすくなるため、しっかりと対策をしたいものです。

疲れ目とドライアイの症状をケアする方法

意識的に瞬きをする

 

疲れ目やドライアイ対策としては目の乾きによる影響が大きいので、意識的に瞬きの回数を増やすことで対策できます。

何かに集中するとしっかりと見ようとするので、瞬きの回数が少なくなります。

瞬きが少なくなると目が乾きやすくなるので、意識的に瞬きをすることで涙によって目の乾燥を防ぐことができます。

リラックスした状態を保つ

 

目の疲れを癒すにはリラックスした状態を作ることが大切です。

目は普段からいろいろな物を見ているので、自然とピントを合わせるために働いています。

目が乾くと目のピント機能が低下をするので、目が疲れやすくなってしまいます。

目のピントを合わせるための筋肉が働き続けることによって目が疲れたと感じますが、目を休ませるためにリラックスした状態を作ることが大切です。

目を数分閉じるだけでも目を休ませることができますが、蒸しタオルを使って目を温めると血行も良くなるのでリラックスしやすくなります。

目薬をさす

 

疲れ目とドライアイ対策には目の乾燥を防ぐことが大切ですが、目薬をさすことによって目を潤った状態にキープすることができます。

目薬には目の調節機能を回復させたり、目の代謝を高める成分が配合されている商品もあります。

潤いをキープするだけでなく目の機能を回復させてくれるので、疲れ目には目薬が有効な手段となります。

部屋を加湿させる

 

目の乾燥を防ぐためには加湿をすることも有効な手段とひとつとなります。

目が乾燥しやすい状態はエアコンや扇風機の風が直接当たったり、瞬きを忘れるほど何かに集中すると乾きやすくなります。

直接風に当たらなくても無意識のうちに目が乾燥していくので、部屋の加湿は大切です。

部屋を加湿すれば目は乾燥しにくい状態となるので、疲れ目やドライアイ対策にも有効となります。

目を休ませる

 

目からは多くの情報を得ていますが、起きている時は常に目を使っている状態と言えます。

目の乾燥だけでなく長時間目を酷使し続けると疲れ目になるので、意識的に休ませることが大切です。

目が疲れたと感じたら休ませるのは基本ですが、少し目を閉じるだけでも効果はあります

目を閉じた時にしみるように感じれば目が疲れている証拠なので、疲れたと感じたら意識的に瞬きをしたり目薬をさすなどのケアをしましょう。

疲れたら休ませるのが基本なので、目を酷使し続けないように1時間に数分程度は休憩させることが、目のケアをするには理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA