このページの先頭です

疲れ目、ドライアイに効果のある簡単なアイケアについて

173views

投稿日:

疲れ目やドライアイに効くアイケアとは

オフィスでのパソコンを使った仕事はとにかく目が疲れがちになります。

特にコールセンターや事務職の方に疲れ目やドライアイに悩まされている方が多いのではないでしょうか。

そんな時にみなさんはどの様なアイケアをしていますか。

簡単なものでは目薬や遠くを見るなどがあると思います。

さらにパソコンを使った仕事をしている時は1~2時間おきに小休憩を取る様にすると良いでしょう。

コールセンターではこの小休憩を実践してスタッフの疲れ目、ドライアイ対策をしている所も多いです。

また、パソコンのモニターの明るさを低めにし、目に過度な負担がかからない様にすると良いでしょう。

モニターにブルーライトを抑えるフィルターを設置するのも効果的です。

さらにはホットアイマスクなどで目を温めるのも効果があります。

疲れ目やドライアイを放っておくと眼精疲労や肩こり、頭痛の原因となり、辛い思いをするので、しっかりとケアをしましょう。

疲れ目やドライアイになる原因は様々ですが、原因を探してそれを見直し改善して、さらにアイケアを行えばドライアイや疲れ目に悩まさる事は少なくなるのではないかと思います。

また、自分で出来るアイケアを行っても中々改善されない様であれば、目の病気の可能性もありますから、眼科医に見てもらってください。

肩凝りからくる目の疲れであれば整体などに行ってみるのもいいかもしれません。

次の項目ではお仕事中や通勤中など、どこでも簡単に出来るアイケアの方法として目のストレッチをご紹介します。

目のストレッチのやり方

目のストレッチは思いの外、簡単に出来ます。

そのやり方を書きますので是非実践してみてください。

目のストレッチは血行を良くして目の疲れを取る為に行うのでゆっくりと行う事がポイントです。

まばたきをする。

 

これは1番簡単でどこでも出来ます。

ただゆっくりと力を入れずにまばたきを数回するだけです。

通勤中やエレベーターに乗っている時、トイレに行っている時などちょっとした時間で出来ます。

上下左右に目を回す。

 

これは座っている時にやる様にしてください。

目が回る事もあるので注意してやってください。

これはただ目を左右に回し、上下に動かすだけです。

これも簡単ですが効果はあります。

首のこりを取る。

 

目の筋肉と肩の筋肉は繋がっているので、肩の筋肉のコリを取ると目が楽になります。

首を揉んだり、回したりする事と左右に動かすストレッチをやると良いでしょう。

目が疲れがちになると体に力が入るので思いの外肩が凝っているのでこれはかなり効果がありますので1番オススメしたい方法です。

目のストレッチはインターネットで検索すると沢山出て来ますので、自分に合った物を探してみてください。

私は目が疲れた時は肩が凝る事が多いので肩を揉んだり、頭と首の繋ぎ目の筋肉を揉んだりします。

また、そんな時は席から離れてフロアーを一周したり、窓から遠くを見たりして、なるべくリラックスする様に心掛けています。

もちろん目のストレッチもやります。

実は私も目が疲れ易く、困っていました。

色々と対策を調べて実践してみましたが目のストレッチと肩の凝りをとる方法が1番私に合っていました。

人それぞれ疲れ目やドライアイ対策は異なると思いますが、目のストレッチは簡単に出来るので、ぜひ実践してみてください。

また、疲れ目やドライアイは生活習慣が原因となる事もあるそうなのでその見直しをしてみるのも良いかもしれません。

色々な対策を実践して、疲れ目やドライアイに悩まされないようにしっかりとアイケアを行いましょう。

そうすれば無駄なストレスからも解放され毎日が過ごし易くなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA