このページの先頭です

目に違和感を感じる!疲れ目とドライアイの症状と対策!

270views

投稿日:

疲れ目の症状と対策

目が疲れる要因

 

目に負担がかかってくると目が疲れてきますが、疲れ目になる原因としては長時間に渡って目を酷使することがあります。

パソコンを長時間凝視していたり細かい作業を行っているなど、集中するほど瞬きも回数も少なくなるので、さらに目を酷使してしまいます。

またコンタクトレンズやメガネの度数が自分に合っていないと、目のピントが合わないので余計に目を酷使することになります。

疲れ目になる要因として多いのは、目の乾きによって目が疲れやすくなることです。

目の乾きは瞬きの回数が少なくなるだけでなく、エアコンの風が当たったり乾燥した部屋にいると乾きやすくなります。

目が乾くと疲れ目になりやすいので、しっかりと対策をすることが大切です。

目の調節の仕組みと疲れ目

 

目の乾きと疲れ目は密接な関係で繋がっています。

目はによって表面が保護されることによって、カメラのレンズの役割をすることができます。

物を見た時に自然とピントが合うのは、目のピントの調節機能が働くことによってしっかりと物を見ることができるのです。

目の表面が何らかの理由によって乾いてしまうと、本来のカメラのレンズの役割をしっかり果たすことができなくなります。

目が乾くと目の表面がデコボコした状態となり、上手くピントを合わせにくくなります。

脳はピントが合わないままでは不都合が多いので、ピントを無理やり合わせようと頑張ります。

ピントを合わせるための筋肉が頑張ることによって、筋肉が緊張状態となって疲れ目だと感じるのです。

目の調節機能と疲れ目には密接な関係があるので、目の乾きが疲れ目を引き起こす要因となるのです。

疲れ目にならないための対策

 

疲れ目になったと感じた時には、できるだけ原因を追究して自分でケアをすることが大切です。

疲れ目対策として有効なのは、目を酷使せずリラックスさせることです。

長時間集中し続けると目を酷使してしまうので、1時間に数分程度でもいいので休憩を取ることをおすすめします。

もしも仕事などで休憩できなければ蒸しタオルで目を温めるだけでも、短時間でリラックスさせることができます。

メガネやコンタクトレンズが自分にしっかりと合っているか、定期的に検査をすることも大切です。

疲れ目対策の基本は目が疲れないように休憩させることです。

人はずっと動き続けると疲れるので休憩を取りますが、目も同じように休憩させることが大切です。

ドライアイの症状と対策

ドライアイの症状

 

目が乾くことによってかかる病気がドライアイです。

このドライアイは疲れ目の症状と似ているので、少し休めば治るだろうと放置しやすい病気のひとつです。

疲れ目の症状としては目が乾いたと感じることで、目がかすんだり目が疲れやすくなります。

その他の症状として目がゴロゴロとして違和感を感じる、涙が出てくる、光を眩しく感じやすい、目ヤニが出やすいなど、これらの症状が出た時にはドライアイの可能性が高いです。

複数の症状が出た時にはドライアイの症状だと思って、しっかりと対策することが必要となります。

ドライアイの対策

 

自分でできるドライアイ対策としては、目が乾かないように意識することしかできません。

目が乾かないようにするには、意識的に瞬きの回数を多くするなどの対策があります。

瞬きをすると涙が目の表面を覆ってくれるので、本来の正常な状態になりやすいです。

また目薬を使用することもドライアイの対策としては有効な手段となるので、目薬を定期的に使用して目の潤いをキープしましょう。

加湿した部屋にいたりコンタクトレンズを正しく使用するだけでも、ドライアイになりにくくすることができるので、目の乾きには十分注意しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA