このページの先頭です

疲れ目で集中力低下!目の疲れの原因と役立つアイケアの方法!

205views

投稿日:

疲れ目のしくみと原因

目を酷使し過ぎている

 

疲れ目の原因として考えられるのは、単純に目を使い過ぎていることによる目疲れが考えられます。

普段何気なく生活をしている時でも、目は物をしっかり見ようと働いています。

私たちはほとんどが目からの情報に頼っていますが、実に80%以上は目からの情報と言われています。

そのため何もしていない時でも目は働いているので、さらに集中して見ようとすれば目を酷使することになります。

仕事をしていたり何かに夢中になっている時は、はっきりと物を見ようと目を酷使しやすいので、目が疲れやすくなってしまいます。

特にパソコン画面をずっと見て作業をしていると、画面を凝視するため瞬きの回数が少なくなります。

目が乾くとより目に負担が掛かるので疲れ目になりやすいです。

目の渇きによる筋肉の疲れ

 

瞬きの回数が少なくなると目が乾くので、目に負担がかかって疲れ目になりやすくなります。

ドライアイの症状は目が乾くことによって涙の量が少なくなり、目の表面が傷ついてしまう病気のひとつです。

ドライアイは涙量の低下によってなるので、目が乾く状態が続くとドライアイになりやすいです。

またエアコンをずっと使用していると目が乾きやすくなりますが、高齢化によってもドライアイになることもあります。

瞬きの回数が少なくなれば目が乾きやすくなるので、仕事中にパソコン画面を長時間見続けているとドライアイになったり、目疲れの原因となってしまいます。

簡単にできる疲れ目対策

数時間おきに休憩時間を作る

 

疲れ目対策としては目を長時間連続で酷使し続けないように、休憩時間を意図的に取ることが大切です。

特にパソコンを使用している時は画面をしっかりみようとするため、瞬きの回数も減ってしまいます。

ドライアイなどの症状にもなりやすいですしパソコン画面は目を酷使しやすいので、意図的に休憩時間を取ることが大切です。

1時間ごとに10分程度は目を休めるのが理想です。仕事中で休めない時はパソコン画面を見ない時間を作って、別の作業をするなどの方法で目を休めましょう。

目を温めてリラックスする

 

目を使い過ぎて疲れた時には、目の周りを温めてあげるとリラックスすることができます。

蒸しタオルを使って目の周りを温めることによって血行が良くなり、短時間でも目をリラックスさせられます。

目は何もしていない時でも働いているので、蒸しタオルを使って少しの時間でも目をつぶって休めましょう。

目を温めて自分が気持ちいいと感じればリラックス効果があるので、疲れ目の時にはリラックスすることを意識しましょう。

目が疲れにくい環境で作業をする

 

疲れ目対策としては目が疲れない環境を作ることが大切です。

仕事でパソコンを使っていても、意識をするだけで疲れ目の対策をすることができます。

疲れにくい環境を作るには、明るい部屋でリラックスした姿勢でいられることが大切です。

パソコン画面とは一定の距離を保って意識的に瞬きをするなど、長時間目を見開いた状態にしないことです。

疲れにくい環境は自分がリラックスできればいいので、自分に合った環境を作って対策をしましょう。

目薬を使って目の渇きを補う

 

目が疲れたと感じた時には目薬は有効な手段のひとつです。

目薬にはビタミンなどの栄養素の他に、涙に近い成分の物などいろいろなタイプがあります。

また目にはピントを合わせる調節機能がありますが、その調節機能を回復させてくれる成分が入っている目薬もあります。

目が乾いてくると目が疲れやすくなりますが、目の渇きを補うこともできるので、1日に数回使用すれば疲れ目対策となります。

目薬を使うと目の疲れの症状を和らげてくれるので、効果的に活用することによって疲れ目のケアをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA